新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2018年05月18日19日 第146回

    『バトンを渡す!』
    マルコ3:13-19
     偉大な指導者ヨシュアの次の世代は神を主と礼拝せず、主の御業に関心を示さなくなっ
    た。次世代がバトンを渡し続けたリーダーの手本をイエス様から学ぶ。

     次世代リーダー育成のための6つの原則

    1. 次世代リーダー育成に「価値」を置くことを学ぶ。マルコ13:14-15
      イエス様は福音宣教と弟子訓練のため弟子を任命された。
    2. リーダーシップを「定義づける」ことを学ぶ。マルコ10:42-44「仕えるしもべ」
    3. リーダーの「将来、可能性」を見て選ぶことを学ぶ。マタイ4:19
    4. 「励まし」育てることを練習する。一叱る、九ほめる。ヘブル3:13
    5. 「任務中心」ではなくて、「関係中心」で育てることを学ぶ。
      一緒にいるために「身近に置き」マルコ3:14
    6. 次世代リーダーに「バトン」を渡すことを学ぶ。失敗しても赦して、励ます。
      「?私がやるから、君は見てて。?一緒にやってみよう。?君がやってみて、わたしが見てるから」

    眞島 亨 先生
    ニューホープ横浜 主任牧師
  • 2018年月4日20日 第145回

     『主我を愛す』と歌いつつ
    マタイ7:9-12
     子供の頃、両親に教えられた愛唱歌。
     成長するうちに「死」について考えた。聖書の中に答えを見出させていただいた。「神様は恐れさせるためでなく、愛して守ってくださる」と信じるとき、神様に回心する時をもった。「主我を愛す」と改めて歌えるようになった。
     人生のいろんな出来事も偶然でなく、神様の恵みによる。イエス・キリストの神との火のような体験、啓示を持つことができる。
     「神様が造られた世界に何が起こっているか見てほしい」と友人に言われて、信仰の在り方を考えさせられた。貧困、抑圧、戦争。神がないから起きるのではない。人の罪ゆえである。世界を変えることを教会に帰ることで、自分にしてほしいことを隣人にという歩みをしてきた。「主我を愛す」を一人ではなく、分かち合っていく伝道を教えられた。
     人生には出会いがある。神様が与えてくださる。両親、恩師、友人。出会い直す恵みもある。自分が巻き込まれていく。何かをするチャンス。楽しんで、喜んで、本気でかかわろう。
    周りも、昔も変えられない。今と自分は変えられる。みんなで取り組んでいこう。

    清重尚弘先生
    前ルーテル学院大学学長
    前九州ルーテル学院大学学長

    ※ 第二聖会や詳しくは聖会CDをお買い求め下さい。
  • 2018年3月16日17日 第144回

    『骨太のクリスチャンになろう』
    ヘブル12:1-3
    ヘブル12:4-13
     イエスから目を離さない ヘブル12:1-3
    人生は「旅」、「競技」に例えられる。信仰のレースはマラソンのように長く、障害物競走のようでもある。この競技の勝利のために、
    1. 過去のデータを調べ、学ぶ。作戦を立てる(:1)。旧約の人々から学ぶ。勝利者たちはスタンドで応援している。
    2. レースにふさわしい服を着る。ユニホームのように。前に進むためにブレーキ、邪魔になる重荷は捨てる(過去の栄光など)、罪はかなぐり捨てる。
    3. すぐれた指導者に従う(:2)。名コーチは選手の良いものを引き出す。イエス様から目を離さない。創始者(著者)はシナリオを描き終えている。勝利者と終わるように考えておられる。完成者である主は将来と希望を与える計画をもっている。
    4. 忍耐をもって走る(:1)。長くて苦しいから忍耐する。感謝する。「させられている」「してやってる」「させていただいている」取り組みがある。
    5. ゴールを目指して走る。勝利は一人だけではない。参加者がすべて受ける。バトン、たすきを渡すまで、自分のゴールを目指そう。
    神の訓練 ヘブル12:4-13
     「ほめると子供がダメになる」という本がある。注意されても自分を直せない。頑張る心が育たない。神様は私たちを訓練される。苦難の目的は、神の訓練。罰、バチではない。それはイエス様が受けてくださった。成長させるための訓練が私たちにある。
    1. 神様のすすめのことばを忘れない。つらいことがあっても神のあずかり知らぬことはない。弱り果ててはならない。耐えられない試練はない。脱出の道がある。終わりがある。
    2. 訓練は神様からの愛からでている。最高、最善をしたいのが神様の愛。出来ないことが出来るようになるためには練習、訓練しかない。「二度としたくない出来事が後の人生で役に立つから人生は面白い」(日野原氏)。
    3. 神様は霊のお父さん。将来のプラスを見越して訓練をされる。我慢する力は豊かな人生をする上で大切。
    苦難、訓練を乗り越えて豊かな人生を歩もう。

    安食弘幸師 峰町キリスト教会 牧師

このページのトップへ