新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2019年1月18日19日 第152回

    『父の傍(そば)でいきる』
    ルカ15:11-24
     ルカ15:11-24
     弟が財産を分けてもらった。父と相談して、信頼されて財産を分けてもらうのがすじ。弟は父から離れて生き始めた。本当の自分を求めて、放蕩(救いのない生活)がはじまった。人生の浪費、時間の浪費、お金の浪費になった。大切なものを失っている。取り返しがつかない。失敗の積み重ね。神の導きを聞かなかった放蕩、祈りなき放蕩、悔い改めなき放蕩、神との交わりのない放蕩。偽りの輝きが放蕩をもたらしていく。
    弟がたどり着いたのは豚の世話だった。「我に返った」自分自身に戻る。自分のおろかさ、傲慢さ、大きく見せようとし、強がった自分。自分の小ささ、罪人に気が付くことは大切。神様にはバレている。
     父を思い出した。父との記憶があった。父との関係を思い出した。財産を任せてくれた父。信じてくれた父、愛してくれた父を思い出して、われに返れた。
    父は名を呼びながら走りよっている。待っていた。弟が見つける前に見つける。「お父さん」と呼ぶ前に名を呼んでくださる。「ゴメンナサイ」の前に抱きしめてくださる。「子と呼ばれる資格はありません」の前に新しい服、指輪、靴。「お前は私の子」であることをあらわしている。雇人の一人なることを望んでいない。イエス様の十字架に帰ろう。父のもとに帰ろう。

    大嶋重徳先生
    KGK総主事

    (メッセージの一部です。詳しくはCDをご利用ください)
  • 2018年11月16日17日 第151回

    『主と契約を結んだ者として生きる』
    創世記18:16-33
    創世記18:16-33 契約を結んだ者の務め
     私たちは契約、神の国、キリストの栄光を受け継いできた。祝福、契約を受け継いでいる。平安、喜び、永遠の命の喜びである。それを伝えていこう。アブラハムは恵みによって豊かに祝福された。自分が神の祝福の源になることを受け継がせる。
     アブラハムは祝福されることがわかっているので、ロトに先に土地を選ばせる。ロトは低地(人の集まるところ)を選ぶ。ロトは人と契約(生活、婚姻など)を結び、戦いに巻き込まれる。アブラハムはロトを救出する。悲しい体験から学ぶ必要がある。自分を変えることが必要。そこから学べないなら滅びしかなくなる。アブラハムは滅びゆこうとするロトを見捨てない。
    頑固さ、かたくなさは抜けない。エジプトを引きずった奴隷根性、不平不満、文句しか言わない、皮肉しか言わない荒野の民は死にたえてしまう。イエス様の十字架に死んで、キリストが生きる歩みをし、新しく生まれた人として進もう。
    アブラハムはイエス様のように、神様の心にのっとってロトのためにとりなす。滅ぼされても当然の者のためにとりなしていく。主の正義と公正のために、へりくだりながら大胆に祈っていく。主はアブラハムの祈りに応えてくださる。
     アブラハムのように主の心をいただいて祈り、祝福となる歩みをしよう。ソドムを滅びから救う10人の正しい人になろう。祝福する者となる特別なクリスチャンになろう。世界を祝福するために献身した者となろう。

    川端 光生 先生
    キリストの栄光教会

    (要約はメッセージの一部です。詳しくはCDをご利用ください)
  • 2018年10月19日20日 第150回

    『光に向かう道』
    1テモテ5:1-8
    1テサロニケ4:13-14
    ホッとする群れへ「その年にふさわしく」1テモテ5:1-8
      世代にふさわしく仕えることを大切にしている。あらゆる仕方で宣教をしている。
      日本人に届きたいと願い「日本人のような顔だったらいいのに」と涙された宣教師によって教会が開拓された。また自分の宣教師としての体験から「無意味なことをしない」を学んだ。一人ひとり(年齢差)を大切にした。幼子のための礼拝、幼稚科、小学下級、上級がある。未信者の親のためのクラス、韓国語のクラス、若者のにぎやかな時間をもつ。英語、韓国語の同時通訳、幼稚園、フリースクール、デイサービス、障害者支援、放課後のサービスなど取り組んできた。
      高齢者のための月1回集会キラキラ会をする。「はってでも行こう」と楽しんでいる。そこから受洗者もあたえられている。訪問介護、出張聖餐式もある。人生の最後まで礼拝できるように取り組んでいる。
      ヘンリー・ナウエンの「闇への道、光への道」の中で祖母のことを書いている。美しい老後、平安な最期がある。年を取ることは闇への道だけでなく、光にもなりうる。

    悲嘆から希望へ 1テサロニケ4:13-14
      土浦赴任で最初の告別式でむなしさを覚えた。式文通りすすめたが、遺族の悲しみを受けとめ、永遠の喜びと希望、遺族への慰めがあったろうかと考えた。また、ジャワ宣教経験から儀式の中に象徴的な儀礼(シンボル)にふれた。そこから悲しみ、慰め、希望を表せる葬儀を心がけてきた。
      お葬式は通過儀礼(人生の節目にある儀式) キリストの福音のあらわれる葬儀儀礼を考え、文化にあう取り組みをする。遺族の悲しみに共感する。教会をあげてクリスチャン遺族を励ます。長期的宣教の展望をもって取り組む。教会葬儀時の未信者へ宗教儀式を強要しないように配慮し、「教会のお葬式は良かった」と言ってもらえるように努力している。
      同じ機能をはたす代わりの機能をもつことが大切。福音をシンボルとして意味を表すものを用意する。「骨になっても伝道したい」という希望から納骨堂を宣教の基地にしている。「骨」を持つと遺族に宣教できる。記念会伝道をする。
    故人を偲ぶ家庭祭壇で「天のエルサレム」をイメージする意味を大切にする。戒名の代わりに「天名」。
      一般恩恵に基づく葬儀。教会員の未信者家族の葬儀も悩んだがやってきた。救いには預からなかったがその人も神の好意(マタイ5:45)、忍耐(2ペテロ3:9、使徒17:28、ヨナ4:10)を受け生きてきたので未信者のかたの葬儀をする。神に造られた故人に敬意をはらい、神のもとに帰る。遺族の慰めになるように心を配る。伝道は葬儀後にしていく。
    キリスト教葬制文化に取り組んでいきたい。

    清野勝男子先生
    土浦めぐみ教会主任牧師

このページのトップへ