新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2018年3月16日17日 第144回

    『骨太のクリスチャンになろう』
    ヘブル12:1-3
    ヘブル12:4-13
     イエスから目を離さない ヘブル12:1-3
    人生は「旅」、「競技」に例えられる。信仰のレースはマラソンのように長く、障害物競走のようでもある。この競技の勝利のために、
    1. 過去のデータを調べ、学ぶ。作戦を立てる(:1)。旧約の人々から学ぶ。勝利者たちはスタンドで応援している。
    2. レースにふさわしい服を着る。ユニホームのように。前に進むためにブレーキ、邪魔になる重荷は捨てる(過去の栄光など)、罪はかなぐり捨てる。
    3. すぐれた指導者に従う(:2)。名コーチは選手の良いものを引き出す。イエス様から目を離さない。創始者(著者)はシナリオを描き終えている。勝利者と終わるように考えておられる。完成者である主は将来と希望を与える計画をもっている。
    4. 忍耐をもって走る(:1)。長くて苦しいから忍耐する。感謝する。「させられている」「してやってる」「させていただいている」取り組みがある。
    5. ゴールを目指して走る。勝利は一人だけではない。参加者がすべて受ける。バトン、たすきを渡すまで、自分のゴールを目指そう。
    神の訓練 ヘブル12:4-13
     「ほめると子供がダメになる」という本がある。注意されても自分を直せない。頑張る心が育たない。神様は私たちを訓練される。苦難の目的は、神の訓練。罰、バチではない。それはイエス様が受けてくださった。成長させるための訓練が私たちにある。
    1. 神様のすすめのことばを忘れない。つらいことがあっても神のあずかり知らぬことはない。弱り果ててはならない。耐えられない試練はない。脱出の道がある。終わりがある。
    2. 訓練は神様からの愛からでている。最高、最善をしたいのが神様の愛。出来ないことが出来るようになるためには練習、訓練しかない。「二度としたくない出来事が後の人生で役に立つから人生は面白い」(日野原氏)。
    3. 神様は霊のお父さん。将来のプラスを見越して訓練をされる。我慢する力は豊かな人生をする上で大切。
    苦難、訓練を乗り越えて豊かな人生を歩もう。

    安食弘幸師 峰町キリスト教会 牧師
  • 2018年02月16日17日 第143回

    『キリストにある聖き幸い』 見えない幸い
    創世記45:1〜8
     真っ暗だと様子が違う。光がないと世界はちがう。暗やみに対する恐れをもつ。目によりたのんでいる。暗やみの中では悪いこと、怖いことを想像する。無力になる。自由を奪われる。孤独を恐れる。死を恐れる。
     暗やみが問題なのではなく、暗やみを恐れる心に問題がある。罪に原因がある。見えるものだけをたよりにする。
     ヨセフは神様しか見ない盲目(45:5)。神様を「闇を解き明かされる方」(40:8)として信じ続けた。神様は愛していて下さることを味わっていた(39:21)。人の考えをこえた神の愛が注がれている。世を見るのでなく、主を見上げてとりなし祈ろう。
  • 2018年1月19日20日 第142回

    『「すばらしき世界 創造の御業を知る』
    ローマ 1:18〜20
    創世記 1:1〜2:4
    「創造主の技術」 ローマ1:18-20 
     創造主を敬わず、無視し、偽りとするなら創造主は怒られる。
    自然の中に技術が隠されている。科学は自然の技術を教科書とし教師とする。
    蓮の葉は水をはじく。蓮の葉を研究して中身が付かないヨーグルトのふたや汚れがつかないタイルが開発されている。
    500系新幹線のかたちはカワセミを研究して作られている。この形はトンネルの騒音を軽減している。フクロウの羽のギザギザ(セレーション)で音もなく飛ぶ技術が新幹線にも用いられている。
    飛行機の離着陸時の翼の形は低速でも安定するように、燃費がよくなるようにカラスや鳥の翼が研究され、まねている。
    ヤモリはガラスや天井も上ることができる。ヤモリの足は細かい毛がはえている。ファンデルワルス力という理論が働いている。100万分の一ミリメートル単位の毛を6500万本持っていて壁や天井を歩く。この技術を開発して、商品化(ヤモリテープ)されようとしている。
    自然から学び開発された製品は人が作る。自然は偶然できるのではない。自然界は神をしめしている。創造主を敬い、伝えていこう。

    「天地創造」  創世記1:1-2:4
     地球はデザインされ、設計されたことをハッキリと認めることができる。
    地球の成り立ちは適切に順序立てて出来ている。地球は5つの部分からできている「水圏」「大気圏」「岩石圏」「生体圏(植物、動物)」「磁圏」。創造の順番がことなっても、時間がかかっても生き物は存在できない。環境が整っていて生きることができる。聖書は創造主が6日で完成された。四季の一巡、365日で一年、月の満ち欠けで約一か月、1週間は人の生活のリズムのために創造主が用意された。
    地球は人の想像を超えた英知の結晶。地球の磁場で太陽風から守っている。4日目の太陽月、星の創造は理にかなっている。太陽系のどの惑星も磁場の強さは地球ほどない。地球の大気も温室効果ガスではない窒素、酸素なので地球全体で平均15度に保たれている。地軸の傾きも絶妙で四季がうまれる。太陽の大きさと地球との距離も計算されている。太陽風も銀河から地球を守っている。
    創造主が関心をもっておられるのは地球に生きる人である。創造主を覚え、あがめる人として生きよう。

    宇佐神 実師  ジェネシスジャパン会長

このページのトップへ