新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2018年7月20日21日 第148回

    『教会が危ない!』
    エペソ1、2章
    エペソ3、4章
    「教会が危ない!」キリストが満ちる教会
    エペソ1、2章
    教会とはなんだろう?傷んだ体験から学んだ。中学時代に先代牧師先生が癌闘病中、洗礼を授けられた。カリスマ的な先生が召されると、教会は大混乱した。人が語るメッセージ派と亡くなった牧師のテープ派に分かれて混乱状態になった。少しずつ落ち着いてきたが、「教会の分裂、分派」を考えさせられた。
    1. 教会はキリストによって罪赦された者の集まり(1:7)。 罪の中に死んでいたものだった。キリストにあって罪を全部赦された。十字架の贖いのゆえに、恵みによって生かされた。罪の残骸だらけの不完全な存在だが赦されている。グレーゾーンな存在だが十字架を見上げていこう。
    2. 教会はキリストが満ちているところ(1:23)。教会はキリストの体。教会のかしらはキリスト。御霊がそれを教えてくださる。優れた神の力、死からよみがえられたダイナミックな力を持つキリスト、すべての上にたつキリストを教会に与えれた。見えるところでなく、聖書の語ることを信じていこう。
    3. キリストは隔ての壁を打ち壊す。キリストが異なったものを一つにしてくださる。神と人とに和解をもたらし、人と人との間に平和を作る。キリストに期待していこう。

     キリストによって建てられる教会
    エペソ3、4章
    神様から離れて生活した時期があり、始めは楽しかったが、罪悪感、空虚感、段々心は渇いてガサガサになってしまった。神様にもどると目の前が明るくなり、恵みがわかった体験をした。跳ね返していたみことばが、すっと入って来た。聖書のことばを聞きたくて礼拝にもどった。
    キリストのみことばで建て上げられる必要がある
    1. 神の知恵と力をあらわす教会として建て上げられる(3:1,7)。欠けだらけ、弱い、不完全な教会を通して神の知恵、愛、力を表すところとされた。
    2. 御霊の一致を保つ教会(4:3) 一致は人が作るものではない。すでに与えられているものを保つ。表面をそろえることではない。信仰で御霊の一致を受け取る。4:5.6
    3. キリストによって建てられる教会(4:11-13)。聖徒たちを整える。外科医が外れた間接をもどすように、やぶれた網を漁師が繕うように整える。キリストによって建てられていく(4:16)。賜物は教会のために与えれている。痛みの経験も賜物。力量にふさわしく働く。1コリント1:2教会が分裂しそうだったとき、「主を呼び求めているものがいるなら、それゆえに神の教会」。
    三浦真信先生
    久遠キリスト教会牧師

    ※ 詳しくは聖会CDをお買い求めください。
  • 2018年06月15日16日 第147回

    『イエスの友情大作戦』
    ヨハネ 1:35-41
    ルカ 24:50-53
     「友情大作戦」ヨハネ1:35-41
    イエス様は私たちを「友」と呼んでくださる。イエス様との友情をはぐくむ。
    イエス様を直接会った人たちから3代目、信仰の告白やシステムも出来てきた。迫害は強くなる世代に、イキイキとしたイエス様との交わりが大切とヨハネは教えている。
     Facebookで「イイね」は楽しいだけでなく、ストレスになることもある。友達でなく人の反応の数に目が行く。人の評価が気になる。イエス様は友情をはぐくんでくださる。わたしがイエス様を信じること
    聖書の中で「神の友」と呼ばれる人はアブラハムとモーセ。彼らの共通点がある。神様から約束をもらっている。けれども「一番苦しかった」。神様の友である彼らはその中で希望を与えていただいている。
    神の「しもべ」。もっとも信頼されている人の意味である。もっと「親しい友」と呼んでくださる。命を捨てる大きな愛をもって「友」と呼んでくださる。役に立たないだけでなく、イエス様を拒むような私たちと「友」となる約束を結んでくださった。「来れば、わかっから」とイエス様は弟子たちと友達になってくださる。「いってみっか」がスタート。そしてイエス様と時間をいっしょに「過ごす」とイエス様がどのように愛してくださることがわかるようになる。イエス様は友情を捨てない。イエス様の友情を信頼していくことが大切。イエス様の友情には手遅れはない。

     「エルサレムでなくベタニヤへ」 ルカ24:50-53
    場所と結びつく経験がある。イエス様が天に上げられる場面。弟子たちと最後にすごされた。
    ベタニヤはマルタがイエス様を喜んで迎えたところ(10章)。マリヤはもてなしの手伝いをしなかったが、イエス様の足元にいてイエス様の耳を傾けていた。イエス様は彼女を評価しておられた。隔離された、差別された病気の人もいた。
    イエスさまが洗礼を受けたところも別の「ベタニヤ」だった(ヨハネ1:28)。病気の人、隔離された人、貧しい人がいるところ、社会に適応できない人もいたところが「ベタニヤ」と呼ばれていた。イエス様はそこをあえて訪ね、身を置き、滞在し(ヨハネ10)、喜んで、心休めるところ、過ごすところとしておられた。
    イエス様が大事にしていたものがベタニヤにあった。弟子たちに知ってほしいベタニヤがあった。自分を正しいとするエルサレム、成功のエルサレムでなく、友情のベタニヤにイエス様は行かれる。どこに身をおくべきか考えよう。

    米内宏明先生
    国分寺バプテスト教会牧師
    日本バプテスト教会連合理事長
    日本福音同盟(JEA)副理事長
  • 2018年05月18日19日 第146回

    『バトンを渡す!』
    マルコ3:13-19
     偉大な指導者ヨシュアの次の世代は神を主と礼拝せず、主の御業に関心を示さなくなっ
    た。次世代がバトンを渡し続けたリーダーの手本をイエス様から学ぶ。

     次世代リーダー育成のための6つの原則

    1. 次世代リーダー育成に「価値」を置くことを学ぶ。マルコ13:14-15
      イエス様は福音宣教と弟子訓練のため弟子を任命された。
    2. リーダーシップを「定義づける」ことを学ぶ。マルコ10:42-44「仕えるしもべ」
    3. リーダーの「将来、可能性」を見て選ぶことを学ぶ。マタイ4:19
    4. 「励まし」育てることを練習する。一叱る、九ほめる。ヘブル3:13
    5. 「任務中心」ではなくて、「関係中心」で育てることを学ぶ。
      一緒にいるために「身近に置き」マルコ3:14
    6. 次世代リーダーに「バトン」を渡すことを学ぶ。失敗しても赦して、励ます。
      「?私がやるから、君は見てて。?一緒にやってみよう。?君がやってみて、わたしが見てるから」

    眞島 亨 先生
    ニューホープ横浜 主任牧師

このページのトップへ