新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2017年11月17日18日 第141回

    『祈りで変わるもの』
    ハバクク
    マタイ14:13-21
     「祈りで変わるもの」目を上げて  ハバクク
    神様は祈るとき何を変えてくださるか?
    「祈り」は神様が世界に何をしようとしておられるかを見ること。
    ハバククは自分の国が攻められているのを見た。悲惨を見た。回りをちゃんと見ることは大事なこと。見る、考える、悩むことは大切。祈っていても、何も起きていないように見えることがある。神様は「見よ。驚き、驚け」と語られる。神様の祈りの答えは自分の予想、想像、常識をこえてやってくる。信じられない、期待をこえて、まさかという方法でかかわってくださる。
    ハバククは姿勢が変わる。心の中だけでなく、事柄の中に神様を見ようとする。神様のみことばの当事者になるという姿勢になった。神様の働きに用いられたい。イエス様の思いを感じ取れる姿勢に祈りによって変えられたい。イエス様の心にふれる。
    神様の心にふれた祈り手は動き出す。黙っていられない、じっとしていられない。祈りは人を変えていく。

     「祈りで変わるもの」手を上げて  マタイ14:13-21
    19 五つのパン、2匹の魚を手にイエス様は天を見上げて祝福された。聖書で「食べること」は重要。エデンの園でも、荒野のマナも、エリシャのパンの奇跡、イエス様も食事を罪人たちとされた。だれとどう食べるか。神様が人を養う奇跡がある。
    弟子たちは「時刻ももう回っています」時は過ぎている、時間切れ、無理です。「…ほかありません」パンもなかった。足りない。足りないままイエス様に明け渡そう。
    天を見上げて「感謝」するとき神様の御業を見る。

    米内 宏明師  日本バプテスト教会連合理事長 国分寺バプテスト教会牧師
  • 2017年10月20日21日 第140回

    『信仰生活の十段階』
    ルカ5:1-11
    1、選びと出会いの段階 だれに出会うかで人生が変わる。ヨハネ15:16 イエス様がペテロを選んでくださった。
    2、自分のものを捧げる段階 ペテロはイエス様に「舟」を差し出した。主との深い関係になる。3T(Time、Talent、Treasure 時間、賜物、宝)を差し出そう。
    3、み言葉を学ぶ段階 ローマ10:17 み言葉を聞いて主との関係は深くなる。
    4、命令をもらう段階 「深みにこぎ出して、網をおろしてみなさい」
    5、あえて従う段階 「でもおことばですから」1サムエル15:22
    6、奇跡を体験する段階 そのとおりにすると「おびただしい魚がとれた」。
    7、キリストを発見する段階 「先生」が「主よ」に変わる。(奇跡の)体験だけでは不十分。救い主との関係にすすもう。
    8、使命が与えられる段階 「わたしについてきなさい。…人間をとる漁師にしてあげよう」。イエス様はすばらしいコーチ。私たちをよく知って、持っているものを生かして使命を与えてくださる。
    9、所有を捨てる段階 所有を(舟、網)することよりも大切な「存在」を見出そう。
    10、全き献身の段階 主のために捧げて恵みを見出させていただこう。

    聖ヶ丘教会 朴 壽吉牧師
  • 2017年09月15日16日 第139回

    『主なる神様の愛の徹底』
    創世記15:12-21
    ホセア11:1−11
    「私たちが受けた恵みについて」創世記15:12-21
    神との契約に誠実を尽くせない人間のために、神が古い契約から、神が一方的な恵みによって立てられる新しい契約という大きな変化のうねりを語る
    神ははじめに厳しい契約を与え、その後の恵みの契約を与えたのではない。ノアの契約、アブラハムとの契約も神の一方的な恵みの契約であった。
    創世記15章で契約を結ぶために裂かれた動物の間を通られたのは神であった。アブラハムは寝ている。この神の愛が必然的に新しい契約へと実を結んでいった。
    人間は主と共にあっても眠りこけている存在であることをゲッセマネの祈りの物語は伝える。けれども、契約への不忠実が極まったところで、神の御子がその身を裂き、血を流してくださった。契約に不誠実な者が担うべき運命を担って下さった。それは新しい契約の血であると、主イエスは語られたのである。契約を守り続けるという神の覚悟、責任をおい、愛してくださっている。

    「災いをくだすことを悔いる神」ホセア11:1−11
     神の「悔いる」ことは神の心変わりではなく、契約の対称である人がかわったことによる。洪水の前のノアの時代やサウル王のように。度重なる罪のために恩恵を悔い、「裁き」が訪れる。裁きの後に恵みを悔いることは二度と繰り返されることはない。
     預言者は災いをくだすこと、裁きの計画を悔い、思い直す神を語っている(アモス7)。「民が小さすぎる」という理由に続けられる裁きの思い直しが、限界にたっして裁きをまねく。
     さけられない裁きの中にも「見捨てることのできない」神のあわれみをホセアは語る。
    神の「悔いる」ことがなければ罪人は裁きを免れない。神がご自分の民を守ろうとされる心は、罪に従って裁こうとする心よりも強い。私たちはあわれみによって生かされている。

    大澤正芳 先生 金沢元町教会牧師

このページのトップへ