新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2019年4月19日20日 第155回

    『主はわたしの助け主、わたしには恐れはない。
      人は、わたしに何ができようか。』
    ヨハネ2:1〜
     イエス様が水をぶどう酒に変えた奇跡。ぶどう酒を作るために水が入るとダメになる。質が違う。その水をぶどう酒に、根本的に違うものとされた。イエス様は神様の立場で、創造者として奇跡を行われた。ぶどう酒になった水は「おいしい」ものだった。瞬間的に造られた。
     成熟したものとして熟成したものとして造られた。結婚適齢期の人、飛んだ状態の鳥として造られた。神様は生きて働いておられる。私たちに与えられた救いも同じである。

    野口誠先生 
    JTJ講師・JSE教師・CRJ顧問・日本信徒前進宣教会顧問
  • 2019年3月15日16日 第154回

    『自由神から不自由人への贈り物
       :ヨナ書再発見の旅への誘い』
    ヨナ1:1 - 2:10
     ヨナの名前の意味は「鳩」。鳩のイメージは自由、飛び立つ。ヨナはニネベに行くように導かれるが、正反対に出かけた。ニネベは紀元前8世紀頃の中東を支配する大帝国。アッシリアの地に神の御業がおこっていた。悪名高い大都市。暴力、残虐な町、モラル大敗、酒の文化、性的乱れをもつ町。そこに神の預言者が遣わされる。どうして?という派遣先だった。
     ニネベは東、タルシシュは西。ヨーロッパ(スペイン?)、エーゲ海やタルソ。開けた海の地域を意味する。航路が開けたどこへでも行けた。
     1:3 ヨナの計画はすすんでいく。「下る」「行く」アッと言う間に離れていく。
       :6 船底に「下る」。神から離れて落ちていく。神の御顔を避ける人の姿がある。
    低いところに落ち込んでいる時に神は未信者の中に御業を始められる。ヨナが失望、痛み、悲しみも感じないうちに、未信者の船長は奮闘している。くじを引くとヨナにあたる。
       :8 「あなたは何者ですか」。自分の素性を語る。自由そうに出かけたが、自分を見失っていた。一番低いところで自分を見出す。そこにも神がおられる。
    海に投げ込まれる。嵐は止むが、ヨナの人生は続く。水の上から、水の中へ、大きな魚へ落ちていく。レビヤタン(リバイアサン)、ラハブ、誰もが恐れるモンスターがまっていた。
    飲み込まれてしまう。大いなる水、闇の世界、深淵、形のない混とんとした世界に取り囲まれる。その世界に住むモンスターたちに呑まれている。神は神殿だけにおられるのではない。
     2:6「山々の根元に下り」「地中深くにくだ」ったと感じる。死を覚悟し、永遠に出られないと感じた。そこでヨナは神に出会い、祈り、聖なる宮に届く。プライド、力、翼を失った鳩(ヨナ)はどん底で神は出会ってくださる、まっていてくださる。捕えてくださる(詩篇139:7-10)。

    伊藤僚先生
    久喜福音自由教会牧師
  • 2019年2月15日16日 第153回

    『困難を乗り越える信仰』
    ヨハネ16:33
     信仰生活に勘所がある。クリスチャンは世に勝つ者である。私たちは「勇敢」であろう。

    1. 心の態度 聖書の神は全知全能、どこにでもいて、愛の神。最善最高をしてくださる。偉大な神を正しく知り、信じよう。自分が何者かを知ろう。ヨシュアとカレブは神を信じ勇敢だった。ゴリアテと戦ったダビデも神を信じて勇敢だった(詩篇16:8)。

    2. 主をあかしすること ヨシュアは自分がだれに仕えるかをはっきり伝えている。使徒16: パウロとシラスは賛美している。勇気が必要。マタイ10:

    3. 捧げること イエス様と命のかかわりをもつこと。深いかかわりを深めていこう。ローマ12:1 献身を意味する。全焼のいけにえのように自分をささげる。御子の命を与えてくださった主に、命をかけてささげよう。

    神様は祝福してくださる愛の神様。祝福を受け取る管(信仰)を大切にしよう。

    安食弘幸先生
    峰町キリスト教会主任牧師

このページのトップへ