新着情報

2017/04/22
NEW
第135回日光オリーブの里聖会は、去る4月21・22日個人伝道研究会「地の果てまで」主宰の鈴木崇巨先生をお迎えして「聖霊様のお働き」という総合題の下に開催された。聖会要約は下記の通りです。是非とも聖会のCDをお聞きすることをお勧めします。
次回の136回聖会は2017年5月19〜20日になります。
2017/03/18
第134回日光オリーブの里聖会は、去る3月17日-18日、清瀬福音自由教会牧師の岩井基雄先生をお迎えして「苦難での主の臨在と招き、そして祝福」という総合題の下に開かれた。 岩井先生は、静かな語り口調ながらも、聖書の御言葉の奥深さを力強く語って下さった。以下、岩井先生のお話の中で心に残ったことを記させていただくが、是非とも聖会CDをお聞き下さることをお勧めする。
次回の135回聖会は2017年4月21〜22日になります。
2017/02/18
第133回日光オリーブの里聖会は、去る2017年2月17日-18日、峰町キリスト教会牧師の安食弘幸先生をお迎えして開かれた。安食先生は、ヨシュア記1章1〜9節並びにルカの福音書5章1〜9節の御言葉を中心に、クリスチャンの信仰の成熟について説教をして下さった。以下、心に留まったことを記させていただくが、毎回申し上げるように、全てを網羅できるものではない。特に安食先生の場合は、ユーモアを交じえた軽妙な口調を通して大切なことが語られている。是非とも聖会CDをお買い求めいただくことをお勧めする。
次回の134回聖会は2017年3月17〜18日になります。

オリーブ日記

  • 2017年09月15日16日 第139回

    『主なる神様の愛の徹底』
    創世記15:12-21
    ホセア11:1−11
    「私たちが受けた恵みについて」創世記15:12-21
    神との契約に誠実を尽くせない人間のために、神が古い契約から、神が一方的な恵みによって立てられる新しい契約という大きな変化のうねりを語る
    神ははじめに厳しい契約を与え、その後の恵みの契約を与えたのではない。ノアの契約、アブラハムとの契約も神の一方的な恵みの契約であった。
    創世記15章で契約を結ぶために裂かれた動物の間を通られたのは神であった。アブラハムは寝ている。この神の愛が必然的に新しい契約へと実を結んでいった。
    人間は主と共にあっても眠りこけている存在であることをゲッセマネの祈りの物語は伝える。けれども、契約への不忠実が極まったところで、神の御子がその身を裂き、血を流してくださった。契約に不誠実な者が担うべき運命を担って下さった。それは新しい契約の血であると、主イエスは語られたのである。契約を守り続けるという神の覚悟、責任をおい、愛してくださっている。

    「災いをくだすことを悔いる神」ホセア11:1−11
     神の「悔いる」ことは神の心変わりではなく、契約の対称である人がかわったことによる。洪水の前のノアの時代やサウル王のように。度重なる罪のために恩恵を悔い、「裁き」が訪れる。裁きの後に恵みを悔いることは二度と繰り返されることはない。
     預言者は災いをくだすこと、裁きの計画を悔い、思い直す神を語っている(アモス7)。「民が小さすぎる」という理由に続けられる裁きの思い直しが、限界にたっして裁きをまねく。
     さけられない裁きの中にも「見捨てることのできない」神のあわれみをホセアは語る。
    神の「悔いる」ことがなければ罪人は裁きを免れない。神がご自分の民を守ろうとされる心は、罪に従って裁こうとする心よりも強い。私たちはあわれみによって生かされている。

    大澤正芳 先生 金沢元町教会牧師
  • 2017年7月21日22日 第138回

    油断大敵『予備の油を最後まで堅持しよう』
    マタイ25:1〜13
     イエス様の遺言のようなメッセージ。3品1セットのたとえ話。
    1. 賢い乙女と愚かな乙女のたとえ「自分を愛する」1-13
     天の神様は一人でもたくさんの人を天国に迎え入れたいと願って、耐えて、忍んでおられる。だれでも、いつでも、どこででもただ信じて救われる救いをイエス様はしてくださった。「予備の油」(信仰の義)は花嫁の父(家)が用意する。受け取るのは乙女たち自身。賢さ、愚かさを分けるのは信仰、受け取ることだけ。イエス様を救い主と信じて受け取ろう。
    聖書の本髄は心、魂、知性、体力をつくし「神を愛すること、隣人を自分と同じように愛する」こと。2つの戒め、3つの愛。全人生、全人格をもって「神を愛し、自分を愛し、隣人を愛する」。自分を愛することは神様から愛されて始まる。

    2. タラントのたとえ。「主人への愛」14-30
     3億、1億2千万、6千万を能力に応じて与えられた。能力、個性に応じて期待度、任務が与えられた。涙、苦労、忍耐があってそれぞれ3億、1億2千万稼いだ。主人は苦労を知っているので感動し、満足し、喜んでいる。主人を愛して、喜んでくれるように、感動してくれるように、期待に応えたいと思って働いた。6千万のしもべにはこの主人への愛がなかった。

    3. 「隣人を愛して生きる」31-46
    救いは律法の行いによるのではない。キリストの恵みと信仰で救われた人は律法の実践に生きる。神に喜ばれるため「小さい者を愛する」信仰生活をおくる。旅人のように居場所のない人への助け、親切、やさしい言葉、励ましをイエス様は知っておられる。鉄格子のない牢獄の孤独、失望がある。挨拶、見舞うだけでいい。
    自分を愛し、神を愛し、隣人を愛して生きるキリスト者生活をおくろう。

    岸 義紘 先生 JTJ宣教神学校前学長・現講師
  • 2017年06月16, 日17日 第137回

    「主とともに歩む」
    ローマ8:18−28
    黙示録3:14−22
    「すべてを働かせて益とする神」 ローマ8:18−28

    「まいったな」という出来事(苦しみ、試練、失敗、弱さ)というパズルの一片を経験する。その中でパウロは3つのことを「知る」。そして生き抜いていく。

    1.私たちのうめき ありのままの自分、他人を受け入れるうめきがある。
    2.聖霊様のうめき 共にいて、代わって、担って助けてくださる。万事が共に働き益となる(共同)。神は召された者と共に働く(口語)。聖霊はすべてが益となるように働かれる(フランシスコ)。パズル全体を完成させてくださる。
    3.神の計画の行きつくところ 29,30「さらに…さらに…さらに」神の計画は始まっていて、ゴールがある。キリストの十字架と復活がある。

    「ともに食事をしよう」 黙示録3:14−22

    イエス様は教会から締め出されていることがある。イエス様をお迎えし、食事をしていこう。

    1.神の愛を学びなおす。0-3歳の親子関係がその後の人生に大きな影響を与える。
        クリスチャンは牧師から神の愛を学ぶ。
        人の成功、成果主義(ゴミ)を捨てて、神の愛を学びなおそう。

    2.食事をする。一緒に食事をする。食事はもてなしがあり、心を通わせ、交わりがある。
        「祈り」は4つのプロセスがある。
        1)私が話す。 2)神が聞く。 3)神が語る。 4)神の語ることを聞く。
        心の扉をひらいて、一人で食事をしないように注意しよう。
    3.買いなさい。試練、純潔、識別し神の栄光をみることを選び、買いなさい。

    藤本 満 師 インマヌエル高津キリスト教会牧師

このページのトップへ